TX fan

TXが公式サイトで何も書いてくれないので、その隙間を埋めるための沿線応援サイトです。個人で運営しています。
本サイトの目的は、TXと同じで「田舎に住もう」であります。現在北千住~つくばまで公開しています。
都心では高いマンションでも、TX沿線であればビックリするほど安く買えることもあります。ショッピングモール隣接の駅もあり綺麗な空気と自然に囲まれた新しい街での生活、始めてみませんか。

TXとは

東京一極集中を防ぐため・常磐線の慢性的混雑解消のため・田舎に住んでもらう為に引いた電車。2005年8月24日開業。建設費9,400億。自動運転、車内無線LAN、他社乗入・踏切なし、開業時から全駅ホームドアというハイスペック鉄道。つくば市民からはTX、都民からはエクスプレス線と呼ばれる。
当初は東京~守谷までの開業予定だったが茨城県の働きかけでつくばまで開業。一歩間違えれば「守谷エクスプレス」になっていたかもしれない。最初はJR東日本が運営の予定もあったが「儲かるはずがない」と手を引いて三セクによる運営に。TXのために一体化法をわざわざ制定し鉄道と宅地を一括整備。一体化法は鉄道の整備のためならばサクッと土地買収できるよという法律。TXは三セク一位の黒字であり、JR東日本は今頃後悔しているに違いない。ただ計画には東京と記載されている。費用の関係で秋葉原に変更しただけに過ぎず、将来的な東京延伸こそがTXの本願だ。当然延伸も議論されている。6両も混雑を増す要因となっており8両化も議論されているが費用の関係から会社は慎重なようだ。土浦延伸や筑波山・茨城空港延伸の要望も出ているが採算が合わないから無理とのことだが、地図を見れば分かるとおり土浦延伸も視野に入れた場所につくば駅はある。
また新幹線の設備に匹敵するデジタル伝送式新CS-ATC、ロングレール(最長18.2km)が採用されている。
TX駅前はJRがある駅を除けば、非常に穏やかで上品な開発がされている。人混みが苦手な人は一日乗車客数が1万人程度の駅に住もう。
○車内設備
車外は無塗装。車内は白を基調としておりJR都心列車とほぼ同じレベル。ただし液晶ディスプレイは皆無で文字スクロールタイプの表示器と現在位置を25カ所程度に分割したLED表示器しかない。
○種別一覧
快速(45分):秋葉原、新御徒町、浅草、南千住、北千住、南流山、流山おおたかの森、守谷、つくば
区間快速(49分):快速に加えて八潮、三郷中央、柏の葉キャンパス、守谷以降の各駅
通勤快速(52分):快速に加えて六町、八潮、柏の葉キャンパス、研究学園
普通(各駅停車、57分):各駅に停車
○近隣沿線のイベント
つくばマラソン…筑波大学構内やその周辺を会場とする大規模なマラソン。近隣道路を通行止めにして実施する。
土浦全国花火競技大会…全国三大花火大会の一つ。近隣のイオンモール土浦は大会当日全面休業する。


URとは

TXの沿線開発にはUR(都市再生機構・旧住宅公団)が絡んでいます。
URといえばCMをみたこともあるかもしれませんが、団地等の住宅供給のほか都市開発も行っています。

こだわり

1.べた褒めはしません。良い所は良い、悪い所は悪いと言います。お問い合わせはこちら
2.写真は原則晴れの日に撮影しています。街の魅力を最大限発揮できるよう構図も工夫しています。
3.2017年発売の最新スマートフォンで撮影しています。
4.全ての写真をJPEG圧縮率90%にしています。容量は大きくなりますが他サイトやSNS以上の高画質な写真をご堪能頂けます。
5.本サイトで表記している「都心」とは秋葉原駅を指します。
6.本サイト記載の内容は2018.5現在です。

TXに聞いてみた

メールフォームで問い合わせた質問と回答を載せます。
Q:運賃が高い。(2012/10/10)
A:貴重なご意見として今後の参考に致します。
Q:秋葉原発つくば行き電車の最終が23:30は早い。(2012/10/10)
A:ダイヤ改正を実施し23:45にいたしました。これ以上の繰り下げは深夜時間帯の線路、電路等の施設の保守・点検に影響があるため、難しい状況にあります。
Q:筑波大学へ延伸するのか?(2012/10/30)
A:現在延伸の予定はございませんので、バス等をご利用ください。
Q:快速が都内で各停になるのを辞めて欲しい。(2013/1/28)
A:ご意見は貴重な要望として承り、参考に致します。
Q:スピードアップして45分よりもっと速くして欲しい。(2013/11/29)
A:現在は検討しておりません。
Q:早く8両にして欲しい。(2013/11/29)
A:非常に大規模な投資となることから、お客様の利用動向、ラッシュ時間帯の混雑状況等に注視し、慎重に検討してまいります。
Q:始発でのぞみ1号に乗り換えられるようにして欲しい。(2013/12/18)
A:終列車から初列車までの時間帯におきまして、線路、電路等の施設の保守・点検を行い列車の安全運行を確保しております。このため、終列車の繰り下げ、および初列車の繰上げについては、いずれも難しい状況にあります。
Q:つくば駅発のダイヤが不均等だ(2014/1/8)
A:つくば駅発の時刻が快速と区間快速を均等の間隔にできないのは、両方の停車駅と所要時間が違うため、全体のバランスをとるためと、研究学園~みらい平駅間の普通列車の間隔を均等とするためです。列車ダイヤについては、全線のお客様のご利用状況、各駅の乗車人員、駅の構造等を総合的に判断して決定しております。
Q:秋葉原駅が深い。エスカレーターを速くして欲しい(2015/4/7)
秋葉原駅エレベーター運転速度変更につきましては、機械構造上速度を速くするのは難しい状況ですので、ご理解を賜りますようお願いいたします。
Q:東京延伸は?(2015/7/15)

A:平成12年度に国の諮問機関である運輸政策審議会の答申、「東京圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画について」の中で、「今後整備について検討すべき路線」と位置付けされておりますが、事業化が決定したものではございません。事業化には様々な課題があり、国、沿線自治体等の関係者とともに検討していく必要があると考えております。そのため、現時点で延伸の予定はございません。
Q:8両にできないなら本数増やして欲しい(2015/7/15)
2015年3月14日実施のダイヤ改正で、始発列車の時刻繰り上げ、列車の増発、運転パターンの見直し等を行い、お客様の利便性向上を図りました。安全輸送の確保の中で、速達性と運行頻度を調整させていただいておりますが、お客様のご意見にそえない点があるかもしれません。このたびのお客様の声は、貴重なご意見として受け止めさせていただきます。

Q:携帯の電波が途切れる(2015/7/15)
A:通信に関しましては、当社からもお客様のご意見を各通信会社に伝え、通信改善要求を挙げさせていただきます。

Q:夕方の秋葉原発の電車が混む(2016/10/12)
A:通勤・通学時間帯等における車内の混雑につきましては、ご不便をお掛けいたしまして申し訳ございません。
混雑緩和は当社といたしましても重要な課題であります。10月15日に実施されるダイヤ改正におきましては、19時台・20時台の運転間隔にばらつきがあることから、均一性を図りました。随時実施している現状調査等を踏まえ、車両数や乗務員数等も勘案のうえ、輸送の安全を確保し、より効果的な対策が出来るよう今後も検討してまいりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

Q:女性専用車があると男は実質5両しか乗れない。女が全員乗るなら良いが、そうでは無い。反対だ(2017/9/26)
A:当社は開業後まもなくの平成17年9月1日から、平日の通勤通学時間帯に相当な混雑をする電車内において痴漢犯罪や迷惑行為の被害を受ける恐れのある女性のお客様に対して、少しでも安心快適な通勤通学環境等を提供するために6両編成のうち1両を女性専用車両として導入いたしました。また、女性専用車両には女性のお客様のみならず、小学生以下のお客様、お身体の不自由なお客様とその介助者のお客様にもご利用いただけるようにご案内をしております。
女性専用車両につきましては、首都圏の鉄道事業各社においても、現在、多数の路線にて実施しており、社会的に認知され、定着された制度であると考えております。
当社といたしましても、つくばエクスプレスをご利用いただいているすべてのお客様に対して、引き続き、女性専用車両へのご理解とご協力をいただけますように努力してまいる所存です。

Q:スピードアップする計画はあるか?(2017/10/12)
A:車両及び設備関係が最高速度130㎞/hとして設計されており、速度を上げるためには、車両及び設備ともに安全性を確保するための大規模な改修を行う必要があるため、最高速度を上げる計画は現在ございません。
Q:最高130km/hと宣伝しているが普段は125km/hだ。注釈を入れる予定は?(2018/5/31)
信号で示す最高速度が130km/hとなります。その為、最高速度を超えない範囲で運転をしております。
注釈に関しましては、貴重なご意見として受け止めさせていただきます。

Q:朝、夕ラッシュは乗車率250%を超える。対策はあるのか?(2018/6/4)

ラッシュ時間帯の混雑に関しまして、ご利用のお客様にご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

ご指摘を頂戴しました夕方のラッシュ時間帯に関しては、平成30年3月17日に実施したダイヤ改正により、秋葉原発17時台~19時台に普通守谷行きを計5本増発いたしました。
これにより、秋葉原発1時間あたりの列車本数が、17時・18時台は12本から14本に(各2本増)、19時台は12本から13本(1本増)として、混雑緩和を図っております。

朝のラッシュ時間帯に関しては、ご指摘のとおり青井~北千住駅間が最混雑区間ですので、その時間帯においては運行可能な車両を全て使って、北千住到着7:30~8:30に22本の列車を運行しておりますが、今後、混雑緩和対策として、平成31年度中の車両5編成増備を行い、その年度中に全線において列車増発を実施する予定です。

また、本社員による各種調査を定期的に実施し、ご利用動向等の把握に努めているところですが、今回のお客様の声を参考に更なる混雑緩和に向けて検討を進めてまいります。

掲載駅一覧